3回のピストン運動だった早漏男が15分に伸びた理由とは?

射精をコントロールするのは本当に不可能なのか?

20315460_s

「早漏を改善するのは絶対に不可能だぁ!」
ある友人の一人が私にこう叫びました。

 

と同時に心底、怒り、そして落ち込み始めました。

 

これまで愛があればなんとかなると思っていた彼が、
この結果を見てSEXをすることが怖くて怖くて
仕方なくなったのです。

 

早漏はどうしようもないと思い愛情でカバーをして
前戯に時間をかけている状態SEXが終わった後の彼女の
「気持ちよかったよ。」
という言葉を信じている状態。

 

では、なぜ彼は早漏を改善
することができたのでしょうか?

 

せっかくですから、もっと直接的に言いましょう。

 

「なぜ、あなたは未だに射精を
コントロールできないのか?」

今の言葉は少しきつ過ぎたかもしれません。

気を悪くしてしまったのならば謝ります。

 

ただ、私も数年前はあなたと同じように
早漏で挿入後1分以内に発射していました。

もちろん今ではコントロールできるようにまで
なりましたが、私は決して自分の射精をコントロールする
ことを自慢しているのではありません。

 

なぜ、射精をコントロールできないのかという
問いかけ、そしてその答えを理解することは
早漏を防止するために欠かすことのできない
非常に重要なことです。

 

自分が早漏になった理由をはっきりし、それを
改善できたなら射精をコントロールできるように
なるのは当たり前なんです。

 

そんなわけで、今から、私が当時早漏を治そうと
思って色々調べた結果、会った人との話しから
得られた、あなたが早漏を治すことができない理由を
次回の記事でお話していきたいと思います。

 

題して「早漏改善の5つの神話の嘘」

 

あなたも知っていることやわかっていることも
あると思いますが、それも理由に含まれているはずです。

 

下半身に手を当てて、息子と語り合ってください(笑)

もし、今すぐ早漏を改善したい!と思われるのであれば、こちらの方法を使って2週間で改善してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です