3回のピストン運動だった早漏男が15分に伸びた理由とは?

早漏にオススメ!防止ができる体位3パターン

9618811_s


早漏を防止するために、感覚を分散させると
非常に効果的
ですよ。

 

というお話をしましたが、今回は早漏を防止できるようになる
3つの体位のパターンを紹介
していきたいと思います。

 

感覚が分散されればティンコに対する刺激を感じる度合い
も低下させることができるようになるので、この3つの体位は
是非取り入れてください。

 

 

■感覚を分散させる体位とは?

感覚を分散させるためには、出来る限り肌がふれあい、
キスができる体位がいいです。

 

そして出来るならば女性が他にも
攻めるところがあるといいです。

 

できるならばペニス以外の性感帯を
攻められるほうがいいです。

 

例えばアナル。

ローションで指をぬらしアナルを撫でてもらうことで
ペニスと同じくらいの快感を得られるのでペニスとの
両方の快感を味わえてしかも結構長くできます。

 

オススメの体位としては一番が騎乗位です。

 

これならば女性はちょっと辛いかもしれませんが、
アナルとペニスの両方を攻めることができます。

 

つまり、ポイントは2つのうちのどれかです。

 

いつでもキスができる体位、それかあなたの
性感帯を刺激できる体位がオススメです。

 

あと、もう一つですがあなたが彼女を攻めることで
感覚と集中力をずらす方法もあります。

 

つまりあなたが女性に対して攻めることで、
触っている感覚と感じさせるという集中力で
感度が分散されるので早漏を防ぐことができます。

 

【キスができる基本的な体位】

clip_image002

 

キスや顔を見ることで感覚をずらしたりすることが
できる体位、バックでもキスはできるので紹介して
おきます。

 

【女性にアナルをせめてもらう体位】

clip_image004

こんなに夢のようなことをしてくれたら感激ですね(爆爆
完全にマグロですが、アナルを攻めてもらいながら
できる体位は女性上位の体位ですね。

 

【あなたが女性を攻める体位】

clip_image006

これは、あなたが女性のクリトリスを攻める場合に
使える体位です。

 

感じさせることだけに集中して女性を感じさせながら
早漏を克服しましょう。

 

挿入時に自分の感じるところを2つ攻めてもらう。
あなたが女性に対して攻める。

この2つを実践するだけで十分感覚を分散することができます。

もし、今すぐ早漏を改善したい!と思われるのであれば、こちらの方法を使って2週間で改善してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です