3回のピストン運動だった早漏男が15分に伸びた理由とは?

早漏を改善する方法の神話の嘘ベスト5

20174648_s

さて、前回もお話したようにあなたが早漏を治すことができない理由を
今日はお話していきたいと思います。

 

題して「早漏改善の5つの神話の嘘」

 

あなたも知っていることやわかっていることも
あると思いますが、それも理由に含まれているはずです。

 

 

下半身に手を当てて、息子と語り合ってください(笑)

 

 

早漏改善5つの神話と嘘①
マスターベーションで逝きそうになったら
止めて逝きそうになったら止めるを繰り返す。


これは本当に昔から言われていることですよね。
私は今31歳なんですが、当時から言われていました。

 

AVを見て射精しそうになったら我慢する。
そしてまた射精をしそうになったら我慢する。

これを数回繰り返しやっと発射。


マスターベーションにも関わらず我慢の連続です。
私の場合、SEXの時もこれをやりましたが全く早漏は
改善しませんでしたし、実際誰もが知っているこの方法を
実践しても早漏に悩む男は一向に消えません。

 

 

早漏改善5つの神話と嘘②
亀頭を鍛えて感度を下げれば当然射精も遅くなる。


確かに日本人男性は包茎が多く結構年をいった
人でも知らない場合があります。

 

亀頭は感度が高いですから当然、亀頭への快感を和らげることで
射精をコントロールすることができるという説もわかります。

 

感度が下がることによって逝くのを押さえることにつながるという考え
もよくわかります。

 

しかし、実際のところ調べてみると仮性包茎の34%もの人が早漏で
悩んでいる結果がでたのです。

 

つまり亀頭を鍛えて感度を下げるということと、早漏を改善すること
は必ずしもつながらないということなんです。

 

 

早漏改善5つの神話と嘘③
ひたすら数をこなし慣れることで
自然と射精をコントロールできる。

 

数をこなすことで女性の体に慣れれば早漏は防止できるようになる。

確かに人はあらゆる事になれます。

 

最初は1kmも走るのが辛かったのに、毎日走り続けることで体は
鍛えられ走ることに対するストレスもなくなり慣れるでしょう。

 

しかし、それを早漏は本当に結びつくのかはわかりません。

私の場合は駄目だったし、数をこなせばこなすほど精神的に凹んで
いくばかりでした。

 

「あぁ~~~ん」の「あ」で終わってしまう・・・(笑)

もし、それでコントロールできるとしても一体いつまでSEXをしな
くてはならないのでしょうか?

 

 

早漏改善5つの神話と嘘④
他事をただ考える

 

確かに、他事を考えると私の場合は少し記録がのびました。
今日の夕食のことを考えたり、仕事のことを考えたり
頭の中で色々と妄想したのです。

しかし、なんだか味気ないSEXになって結局むなしい思いに、、、
女性に対して集中しだした途端にフィニッシュです。

なんだか女性の体を使ってマスターベーションしている気分。
こんなのはSEXでも何でもなかったです。

 

 

早漏改善5つの神話と嘘⑤
スーパーサイヤ人のように気を練る

 

う~ん。
意味がわかりません。
ドラゴンボールのスーパーサイヤ人になるという意味でしょうか?
仙人でもないのに気を練ることなんてわかりません。

オーラみたいなものが見れるならそれも可能かもしれませんが
私には意味不明でした。

 

長々とお話しましたが、このように、早漏改善の
5つの神話と嘘、あなたが今までに挑戦したものも
あったでしょうか?

 

ここで、あなたにお伝えしたいのは、この早漏改善の
5つの方法が全く効果がないと言いたいのではありません。

 

むしろ、やらないよりはやったほうが
効果のある人もいるでしょう。

 

あなたが本気で早漏をなんとかしたいと
思っているのなら、気をつけなければ
ならないのがこの5つの嘘に振り
回されないことです。

 

もし、あなたがこんな神話を信じて実践し続けて
いるのならば、それでも効果がなかったのならば、
今日限り綺麗さっぱり忘れてください。

なぜなら
極点な話、この中のどれかを実践してみて効果が
なければ、その方法は使えないということですから・・・・

 

もし、今すぐ早漏を改善したい!と思われるのであれば、こちらの方法を使って2週間で改善してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です